菊川宝飾の技

菊川宝飾

菊川宝飾は1900年(明治33年)創業以来、セレクトジュエリー、オーダージュエリー、リフォーム、修理を中心に、常に宝飾加工職人として お客様との対話の中から、新しい付加価値を生み出し続けてきました。
大量生産されたジュエリーにはない、温かみ、職人の手技に世代を越えた価値を感じていただきたいと思います。

技 (貴金属装身具製作一級技能士の店)

菊川宝飾のオーダージュエリーは職人の手によって作られます。
その加工技術は、簡単には習得することは出来ません。長い経験の積み重ねによって、身に付き育ってきます。
宝飾品の加工には、さまざまな工具を使います、時にはガスバーナーなどを使い仕上げていきます。
そのためには、金属の構造や性質を理解した上でデザインにあった工具、方法を選択していくため、多くの知識とノウハウがないと美しく仕上げることはできません。
昨今では貴金属、宝飾品も手造りから、機械化による大量生産の流れが大勢を占めておりますが職人によるハンドメイドの温もりやオンリーワンの優越感を味わっていただきたいと思います